上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもお世話になっております。徳島の便利屋カスタムライフアシストの寒川です。

いや〜疲れましたです。

8月27日から9月の22日まで、某工場の大規模改修工事の責任者として、その業務に集中し没頭していました。

開業以来、これほどまでに大きい改修工事を請負い、任されたのは初めてでありましたので身も心もすり減る思いでありましたが無事に成功し今はホッと胸を撫で下ろしているところであります。

で、昨日今日とはほぼ一か月ぶりの休暇を過ごしています。

季節も良くなり、夏の間全く乗っていなかった(触ってもいない)ロードバイクでどこか遠くへツーリングにでも出かけようかと計画していたのですが、古傷の右ひざが悲鳴を上げ、休ませてほしいとサインを出してきたので自宅にて療養する事にしました。

完全に予定を狂わされ、はてどうしようかと途方に暮れていた時に1冊の本の存在を思い出しました。

「ストレングス・ファインダー2.0」

ストレングスファインダー

おそらく、今年の始めごろ(正月休暇のころだったと記憶しているが、、、)書店で面白そうな本があるなと手に取り購入。

帰宅してポンと机の上に置き、それから机の上にある大量の資料の下へ下へと追いやられ、9か月間完全に忘れていたのですが、昨日机の上を整理していたら出てきたのでじっくりと腰を据えて読み込んでみました。

「さあ、才能に目覚めよう」という自己啓発本にありがちなタイトルが付けられております。

この手の自己啓発本は注意しないと、やや宗教的になったり盲目的になり自己判断能力が欠落する可能性がありますので、じっくりと慎重に読み進めていきます。

内容を簡単に要約しますと、自己の弱みを改善する事も大事だが、その弱みを改善する労力を費やす時間よりも、自己の強みを見つけそれを伸ばしていく方がはるかに労力も少なく時間も短縮できるという内容に基づき、5つの自分だけの特徴的な資質を発見するための本となっています。

さて、あなたに質問です。

「あなたの悪いところ(欠点、短所)を5つ上げてください」

という質問を受けたとします。それにに対してあなたは、たぶんおそらくは、短時間で5つ、もしくはそれ以上の内容を思いつくだろうと推測します。

では、
「あなたの良いところ(自身のある、長所)を5つ上げて下さい」

という質問を受けた場合どうでしょうか?

答えられないのではないでしょうか?答えられたとしても1つか2つでしょう。

少なくとも私はそうでした。

私は幼少期より、自分の欠点ばかりを指摘されそれを改善する努力ばかりを求められてきたからです。

自分のやりたいこと楽しい事はたいして評価されず(もちろん楽しいですから知識も増えスキルも勝手に上がっていきます)当たり前の事だと相手にされてきませんでした。

数学が大好きなのに、数学はそこそこ出来ているからもうよいと指摘され、さらに伸ばすようなことをしてくれる教育は受けていません。

苦手な歴史をどうにかして人並みの知識まで引き上げられるかのみを課題とされ、嫌いな歴史を詰め込み、さらに嫌いになると言う悪循環に陥ってきた学生時代。

それが今でも尾を引き、つねに自己分析をしたのち欠点を洗い出しそしてその欠点を改善する事こそが人として最善の進化であるのであると信じて、、、

そのような考え方を根底からひっくり返してくれそうなのがこの本なのです。

まず、第1章では、あなたの強みを見つけようと題して「ストレングスファインダー」と呼ばれる簡単な質問に答える事から始まります。

177の質問に対して「もっともあてはまる」「あてはまる」「そうではない」のなかからマークシート方式で回答します。

そしてその回答に基づいて自分だけの特徴的な資質、「上位5つの資質」を発見する事が出来るようになっています。

次に2章では、それをどう活用していくか具体的な例やヒントがあり、その上位5つの資質を伸ばしていく(活用していくための)実践的な内容が書かれています。

そしてそのテストの結果、私の上位5つの資質を発見する事が出来ました。

5つの資質

1.学習欲

2.調和性

3.アレンジ

4.回復志向

5.共感性


この5つの資質を読んでいると、やはりちょっとだけ恥ずかしいと言いますかこそばいです。

正直な第一印象として、実はそうではないのだろうかと思っていた資質があり、なるほどと思うと同時にまったく意識していなかった資質も含まれていましたので、まだ半信半疑です。

ですが、冒頭に書きました約1ヵ月間に及ぶ業務の事を振り返ってみますと、なんとなく全てが当てはまるから面白いのです。

大規模改修に臨む1か月程前より、図面や施工手順、そして資機材の使用方法などを事細かに調べ(専門家に質問したりグーグル先生に質問したり)マニュアルを作成し入念な下準備をして本工事に臨んだ(1.学習欲)

延べ60人を超える作業員の方々と作業するにあたり、各人の得意な作業や性格を分析しながら適材適所に配置し、非常に手間のかかる作業をチームワークで乗り切った(2.調和性、5.共感性)

毎年行う改修工事でありながら、毎回行き当たりばったりの施工手順で行うため作業自体が確立されておらず効率が非常に悪い。その上改修個所が例年の2倍となり、物理的にも非常に困難な作業となったが、事前の入念な下準備があったために作業は想像以上にスムーズに進んだ。しかし半分を過ぎたころに問題が発生し工事が行き詰った。マニュアルでは対応しきれない予測不能な工程があり非常に悩んだが、そのマニュアルに書いたフローを大幅に変更し乗り切り、結果的に予定工期で完了した(3.アレンジ、4.回復志向)

過去、何度も改修していながら非常にやりにくい工程のため毎年担当者が変わり、誰もがやりたくないと逃げ腰になる難しい仕事。

工事着工前は、なぜ私が選ばれたのか、私で無事終えられることができるのか、途中で逃げ出してはしまわないか、など非常にネガティブになっておりましたが、いざ着工となると、わが身を削り神経をすり減らし作業員の方に配慮しつつ問題を解決し仕事に没頭しました。

その間、逃げ出そうとか、もう無理だと思ったことは1回もありません。何かに突き動かされるように夢中で仕事を進めました。

そして終わった今でも、「俺に困難な工程を押しつけやがって!来年は絶対にしねえぞ」などとは夢にも考えずに早くも来年の工事に向けて今回見直した作業フローに基づきマニュアルを書きなおしたところであります。

「自分が手掛ける事で仕事の効率を上げる」

「皆で協力して仕事を遂行する」

「私の判断で各人の適材適所を見つけ出し円滑に仕事を進める」

私はどんな仕事の内容であってもこの3点について最重要ポイントとして常に意識して仕事に取り組んでいます。

そしてそれを達成する事こそが最大の喜びであり、何物にも代えがたい達成感を得られるということも知っています。

しかし、それらを私の上位資質を持ってして無意識のレベルで行っていたとは考えていませんでした。

テストを受けた後に、このように振り返ってみると、なぜ私がその工事の担当者として抜擢されたのかが良く解かってきました。

私自身、知らず知らずのうちに適材適所に配置されていたのでした。

せっかくの機会ですから、自分のアラ探しはいったん置いておいて、この5つの資質を伸ばしていく努力をしてみようかなと考えて、すぐに忘れる自分のために、そしてこのような考え方もあるんだよと言う事を皆様にお知らせするべきだろうと思いブログに書き留めてみました。

自己啓発本は気を付けろと書いておきながらまんまとはまってしまいましたが、たまには騙されて(表現悪いか)良い方に捉えてみようかなと思った今日この頃です。

興味を持たれた方は是非一度この本を手に取ってみて、そして自己分析をしてみて下さい。

なにか変るかもしれませんよ。

それでは今日はこの辺で、、、

徳島の便利屋 カスタムライフシスト
代表 寒川 兼太郎

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fee料金

基本料金

1時間3,000円(税別)〜

  • 基本的な料金です。特別な手配が要る場合や材料費等は別途実費をいただきます。
  • 1時間以内の作業の場合は別途出張料1,000円必要となります。
  • 営業所より25Kmを超える場合、交通費が10kmごとに500円かかります(徳島市内無料)担当にご確認ください。
  • 駐車料金が発生する場合は、実費をいただきます。
  • お支払は作業終了後に担当者へ現金にてお支払ください。

Inquiryお問合せ

ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問合せください!

メールでのお問い合せ

お電話でのお問い合せ

090-3787-7644(担当直通)
担当者が作業中や運転中は、すぐに出れない場合が御座いますのでご了承ください。後程、折り返しご連絡させて頂きます。
お電話の際は「ホームページ又はブログを見た」とお伝えください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。