上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもお世話になっております。徳島の便利屋カスタムライフアシストの寒川です。

本日は、早出作業。

昨日の夜業からの早出となり、身体は泥のように重く、のそのそと出動しました。

しかし、タイムリミットのあるお仕事だったので、現場に到着した瞬間にスイッチオン。

足場を組んで、排水からの水漏れを修繕。バックアップ材を下地に埋め込み、周囲をコーキングしてがっちり止水します。

その後、迅速に足場を解体撤去しその場から撤退します。

タイムリミットギリギリで、重量物を運び入れるためにやってきた大型トレーラーが真下で待ち構えていました。

今回の修繕足場を解体しないとそのトレーラーは搬入が出来なかったのです。

トレーラーの到着時間までに足場解体撤去をする必要があったので、ものすごく慌てました。

こういう時いつも心の中で、

「慌てず、急いで。」

と繰り返し復唱し、安全にかつ迅速に作業する事を心がけています。

出来ないものは出来ない。

無理をして怪我でもしたら全体に迷惑がかかりますので、あくまで、慌てず急いで、今できる最大のスキルで。

ガンガン仕事して、くったくたになって、現場を後にしたのがお昼前。

食堂で、腹ペコの胃袋を満たしつつ、ノンアルをガブガブ飲んで喉の渇きを潤し、サッと帰宅。

メリハリが肝心!

久しぶりに昼間の自由時間を満喫しました。

先日、世を騒がせたノーベル文学賞を受賞したボブディランのアルバムでも聴こうかと、CDライブラリーから音源を引っ張りだします。

ディランライブラリー

私は、音楽が大好きで、邦楽、洋楽問わず、特に洋楽に関しては1960年代から70年代のアメリカンミュージックとブリティッシュミュージックはほぼ聞き漏らすことなく愛聴しています。

もちろんディランも愛聴してきました。

毎年のようにノーベル賞のノミネート候補に挙がるも受賞しないお約束が長く続きましたので、特に興味もなくスルーしていたのですが、この度ついに受賞したようです。

まあ、そうなんだろうな、、、というのが正直な感想です。

プロテストソングの第一人者のようなイメージがあるかもしれませんが、ディランの書く詩はただの女ったらしのエロい歌詞や飲んだくれて寝っころがっているだけの歌詞、お世辞にも文学賞を取るような歌詞ばかりではありませんが、一部の有名な曲があまりにも印象的なのでそうなるのでしょうかね。

そして私、実は、音楽の歌詞をほとんど聴きません。

歌詞を聴かないと言う表現はちょっと違い、内容がまったく頭に入ってこないというのが正解かもしれません。

もともと洋楽にはまったのがきっかけと言うのもあるかもしれませんが、歌詞の内容は私の中では良い悪いの判断材料にはまったく関係ないと言う事になります。(たまに邦楽で、グッとくる歌詞がありそれはそれはそうとうな琴線に触れる内容なのだと思います)

歌詞はあくまで曲の一部。

メロディーを奏でるために文言を並べただけの音の並びでしかないのです。

リズムの一部であるとも言えます。

良いか悪いかは別にして、歌詞の内容がどうであれ、かっこいいと思った曲しか聴かないと言う事です。

ですので、正直ディランがどんな内容の歌を歌っていようが私には全く関係ないのです。

メロディーと演奏と、全体の空気感。これが全てです。

ディランはその空気感がハンパなく、いまだにほとんど何を歌っているのか知りませんが大好きです。

多くの方から、「詩の内容を知らずに良くその曲を理解できるな。」と言われますが、歌詞のない音楽はこの世にたくさんありますよね(クラッシック音楽もそうですし、アフリカンミュージックのように打楽器だけで曲として成り立っているモノなど)

私の中で文学とは文字であり、活字でじっくり読むものだと思っています。

身体で感じるのが最も気持ちの良い音楽の楽しみ方であって、ややこしい深読みは必要ないと思います。

と言う訳で、ディランのノーベル文学賞受賞によせて、、、といったところで、それについて書くことは出来ませーん。

あほか、、、

と言う訳で、ディラン体験してみて下さいね。この曲ピンと来るはずです。

いかにも、なにか大事な(過激な)内容を歌っている雰囲気バリバリですね。

Bob Dylan/Subterranean Homesick Blues



それでは皆様また明日!!

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fee料金

基本料金

1時間3,000円(税別)〜

  • 基本的な料金です。特別な手配が要る場合や材料費等は別途実費をいただきます。
  • 1時間以内の作業の場合は別途出張料1,000円必要となります。
  • 営業所より25Kmを超える場合、交通費が10kmごとに500円かかります(徳島市内無料)担当にご確認ください。
  • 駐車料金が発生する場合は、実費をいただきます。
  • お支払は作業終了後に担当者へ現金にてお支払ください。

Inquiryお問合せ

ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問合せください!

メールでのお問い合せ

お電話でのお問い合せ

090-3787-7644(担当直通)
担当者が作業中や運転中は、すぐに出れない場合が御座いますのでご了承ください。後程、折り返しご連絡させて頂きます。
お電話の際は「ホームページ又はブログを見た」とお伝えください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。