上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもお世話になっております。徳島の便利屋カスタムライフアシストです。

本日もゆっくり起床して、営業回りや集金業務、打ち合わせなど自分のペースで行動出来ました。

昼から、友人U氏の経営する機械加工工場へ集金に。

いつもなにかと、仕事をさせてもらうばっかりで大変恐縮です。

彼が自社工場を持ち事業を立ち上げたのが3年前。それを見た私はあまりのうらやましさに嫉妬し、その時からいつか俺も独立してやると小さな火種がポッと点灯したのは間違いありません。

彼からはいつも刺激を貰っています。

今日も訪れた際、次なる展開を考えていました。いよいよ大金を投じて設備を拡大する決心をしたようです。

その前準備として、補助金の申請書類を作っている最中でした。

銀行や役所から何度も書類の訂正を求められ大変困っているようでしたので、ちょこっと相談に乗ってみました。

前会社に在籍していたころは、仕事上、役所などの公の機関に書類を提出するのが当たり前だったですし、営業用のプレゼン資料も数多く作成してきました。昔取った杵柄です。

あまり書類をつくったことのない人は、自分の思いや事業計画などを思いつくままに書き、その結果長文になったり何が言いたいのかわからなくなり焦点がぼけてしまうのです。

提出先は、その他の企業の何百もある書類にも目を通すわけですから、いかに簡潔に目につきやすいようにするかがポイントとなります。

書類を見ながら一緒に直していきます。

やりがちだがやってはいけないポイント

○理念や計画を長文でつらつらと書き綴る。

もちろん自分の会社に愛着があります。そして長期計画も夢が満載です。その気持ちをぶつけるようについつい作文を書きがちですが、敵にはその感情はありません。ですので、いかに簡潔に要点だけを伝えるかということが最重要ポイントとなります。つまり長文NG、箇条書きで簡潔に!が鉄則です。

メモ


○やたらと専門用語を使う

書類としての質を上げようとするあまり、専門用語や業界用語を羅列する事が多々あります。
しかし、敵は審査のプロであっても業界の事については素人です。いきなり意味の解らない専門用語が羅列してあるとその時点で読む気が失せてしまいます。
例えば、NC旋盤機→金属を自動で加工する機械、などのように素人が読んでもイメージしやすいように噛み砕きます。

機械


○数字が漠然としている。またはその数字に根拠がない。

設備投資をしたとして、だいたいこれぐらいの重要があり、そのうちの何パーセントを受注でき、売り上げにつながるかなど長期事業計画を必要としますが、これが一番難しいです。

多分これぐらいの需要があるだろう、、、ではダメで、日本の鉄の総生産量がいくらで、そのうち加工業に関わる仕事がいくらで、徳島でその加工に関わる業者が何社あって、、、など、数字は全て根拠付けのバックデータが必要になります。もちろんその資料も簡潔にまとめる必要があります。あと数字は表にするのが効果的です。数字の羅列も読みにくいので一覧表にまとめるのが最適だと思います。今の時代グーグル大先生が付いています。検索検索、、、

パソコン


○文字のみの資料

文字だけの資料は飽きられてしまいます。要所要所に図やグラフを有効に盛り込み敵を飽きさせることなく最後まで読んでもらう事が大切です。(大変矛盾していますが、私のブログも文字のみの場合が多々あります、、、反省反省)
写真やカタログ写しなどなどの視聴効果にすぐれたアクセントを挿入する事も大切です。

グラフ


このように、あえて今日のブログには、段落をつけ、取ってつけたような写真素材を貼り付けてみましたが、これがあるとないとではかなり印象が違ってきます。

いかに簡潔に相手に自分の言いたいことを伝えられるかが勝負の分かれ目だと思います。

そして、文章には起承転結をはっきりと付ける事も大切です。

導入部があり基本を押さえる(起)

話をころがし発展させる(承)

文章に変化をつける。マイナス面なども必ず押さえておきます。(転)

まとめる(結)

この時、(転)で劇的に内容を変化させることで(結)がより一層正当な結末になります。

さて、私のコンサルティングした書類、審査を通るのでしょうか?

これを機会に弊社も補助金申請に挑戦してみようと思います。

それではまた明日!!

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fee料金

基本料金

1時間3,000円(税別)〜

  • 基本的な料金です。特別な手配が要る場合や材料費等は別途実費をいただきます。
  • 1時間以内の作業の場合は別途出張料1,000円必要となります。
  • 営業所より25Kmを超える場合、交通費が10kmごとに500円かかります(徳島市内無料)担当にご確認ください。
  • 駐車料金が発生する場合は、実費をいただきます。
  • お支払は作業終了後に担当者へ現金にてお支払ください。

Inquiryお問合せ

ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問合せください!

メールでのお問い合せ

お電話でのお問い合せ

090-3787-7644(担当直通)
担当者が作業中や運転中は、すぐに出れない場合が御座いますのでご了承ください。後程、折り返しご連絡させて頂きます。
お電話の際は「ホームページ又はブログを見た」とお伝えください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。